社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食サービスを安く利用できる理由!継続利用させるには?


社食サービスのイメージとして最も多いのは「安く食事を摂れる」「食事代を節約できる」ということではないでしょうか。近年需要が増えている置き型社食は、他の社食サービスよりも比較的安く利用できます。この記事では、なぜ置き型社食サービスは安いのか?継続利用させるためにはどうしたらいいのか?という疑問について説明しましょう。

置き型社食サービスはなぜ安いのか?

社食サービスの中で、置き型社食サービスは近年需要が増えており、満足度の高いサービスです。多様化する働き方であっても利用しやすいこと、自由にメニューを組めることが理由に挙げられます。そして利用者にとって一番のメリットは、食事代を安く抑えられることでしょう。なぜ安く利用できるのでしょうか。ここではその理由を紹介しましょう。

福利厚生の一環
社食サービスを導入している企業の多くは、福利厚生の一環として活用しています。福利厚生を充実させることが社員の満足度を上げ、外部へのアピールにもなるのです。商品価格の一部を会社側が負担するというケースが多く、社員は食事代を抑えられます。なお、会社側の負担割合は法的に定められているため、導入前に確認しておきましょう。

人件費がかからない
社員食堂の場合、調理師や栄養士を含む運営スタッフが必要となるでしょう。置き型社食はオフィス内の冷蔵庫や自動販売機から、食べたいものを自分で取り出して食べる方式のため、基本的に無人販売となります。導入するシステムによりますが、料金箱に代金を入れる支払方法が一般的です。人件費がかからない分、商品価格を抑えられるとされています。

設備費用がかからない
置き型社食はオフィス内に厨房施設を必要としません。冷蔵庫や電子レンジを購入する程度で導入できます。また、必要設備を貸し出している業者もあり、設備購入でさえ必要ない場合があるようです。社員食堂を新たに導入する場合は、規模にもよりますが数百万円から1000万円程度の初期費用がかかります。また、導入後の光熱費についても社員食堂に比べて低く、ランニングコストが少額で済むため、置き型社食は安く利用できるのです。

 

こうした理由から、置き型社食サービスは1品あたりの価格を安く設定しています。1品あたりの価格設定を50円や100円としているのが主流となっており、定食のような組み合わせで4品選んでも400円です。ごはんなど食事の一部を持参して、おかずを追加するという形で利用すれば、さらに食事代を抑えられるでしょう。自由に食事内容を組み立てられるのも、置き型社食の魅力ですね。

置き型社食サービスを継続利用させるには?

次は置き型社食サービスの導入後についてです。会社側と社員それぞれにとって多くのメリットをもたらす社食サービスですが、利用率を上げられなければ、導入した意味がなくなってしまいます。また、あまりにも利用率が低い場合には、サービスの継続が難しくなってしまう可能性もあるでしょう。では、どのように利用率をアップさせるか?

それは、社員のニーズを満たすサービス内容にしていくことが最も重要なポイントでしょう。導入する前にも社員の要望をヒアリングし、それに合わせた委託先やサービス内容を構築していく必要があります。導入後にも定期的にアンケートなどを行い、社員の満足度チェックや改善要望などを把握するようにしましょう。それでは、導入後にヒアリングする際のポイントを紹介します。大きく分けて3つのポイントがあるようです。

まずは「価格面」でしょう。福利厚生の中でとくに人気のある社食サービスの人気の理由は、食事代を抑えられる点にあります。社員の食事代の相場がどれくらいなのか知っておいた方がよいでしょう。毎日利用しても負担が大きくならない価格設定をすることで、利用率の低下を防ぐことをおすすめします。

次に「メニュー内容」です。利用率が下がってしまう要因のひとつは飽きられてしまうことです。利用者へのヒアリングを参考に、メニューは定期的に見直しを行いましょう。ボリュームのあるメニュー、ヘルシーなメニューなどバランスよく取り揃えていると、利用者の満足度も高くなる傾向にあります。価格を抑えつつ、バランスのよいメニュー構成にしてくださいね。

最後に「利用時の快適さ」です。用意されている商品数が足りているか、食事を温める電子レンジの台数が不足していないか、食事にスペースに問題はないかなど、利用時の不便を感じていないかヒアリングすることをおすすめします。置き型社食サービスを利用するメリットは、忙しい業務の合間にも時間をかけずに手軽に食事を摂れることです。

 

ここまで、置き型社食を安く利用できる理由と、継続利用するためのポイントについて紹介してきました。置き型社食は低コストで運営できるため、社員が安く利用できます。企業にとってもコストや運営管理の負担が少なく、双方にとってメリットをもたらすサービスといえるでしょう。社食サービスは社員に快適に利用してもらうことが大切です。導入時はもちろん、導入後も社員のニーズを把握し、応えていくことを継続していきましょう。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ