社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

ホワイト企業の条件とは?元気に働いてもらうために企業ができること


ホワイト企業とは、ブラック企業の逆を意味した言葉です。企業活動を続けていると、さまざまな問題に直面します。そのようなとき、どうしたら従業員が元気に働けるのかと考える方も少なくありません。そこで今回は、ホワイト企業の条件について詳しく解説します。ホ従業員が元気に働けるホワイト企業を目指すために、確認しておきましょう。

ホワイト企業の基準とは

ホワイト企業とは、働きやすい、待遇がよい、福利厚生が充実しているといった従業員の満足度が高い企業を表しています。もちろん、企業が作り出す制度がすべてではありませんが、こういった考え方を日本唯一の認定制度を管轄するホワイト財団は7つの基準を定めています。

1つ目はビジネスモデルと生産性です。企業が日々進めている仕事が高い安全性と安定性を確保できているか、そして生産性を上げる取り組みを行っているのかは重要視しています。

2つ目のダイバーシティ&インクルージョンでは、個々の特性や経験を活かしているのか、そしてこのような多様な人材を支援しているのかを表しています。多様性を求められる現代においては、重要なポイントです。このほかにも、ワーク・ライフバランス、健康経営、人材育成と働き甲斐、リスクマネジメント、労働法遵守で構成されています。

■健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省が創設した健康経営を顕彰する制度です。企業を大規模と中小規模に分け、評価していくことで健康経営を行う環境作りを進めています。認定を受けるためには、定められた条件をクリアしなければいけません。この条件は、次世代ヘルスケア産業協議会の健康投資ワーキンググループによるもので、法人の規模や種類ごとに異なります。大規模法人は、業種ごとに定められた従業員数をクリアしなければいけません。医療法人、サービス業、卸売業は101人以上、製造業とそのほかの業種は301人以上、卸売業は51人以上です。

また、条件を満たした企業は、健康経営度調査への加点やスクリーニングといった健康経営銘柄認定で行われる選定方法を参考に、ホワイト認定の是非が検討されます。中小規模法人は、従業員数と資本金のどちらかを条件を満たす必要があります。医療法人、サービス業は1人以上50人以下、もしくは資本金は5,000万円以下です。卸売業は1人以上100人以下で資本金の場合は1億円以下、小売業は1人以上50人以下もしくは資本金1億円以下です。製造業とそのほかの業種については、1人以上300人以下、もしくは3億円以下の資本金と定められています。こちらも大規模法人と同様に健康経営銘柄認定の選定方法を参考にします。

ホワイト認定を受けるには

ホワイト財団によるホワイト企業認定を受けるためには、所定の審査を受けなければいけません。審査はWEBで実施しており、結果をフィードバックして仮認定と書類審査に進みます。厳正な審査を通過した企業は、ホワイト企業認定マークとホワイト企業認定証が送られ、認定マークは名刺やHPなどに活用可能です。また、経済産業省の健康経営優良法人認定制度の場合は、前述した大規模および中小規模の条件を満たし、なおかつ健康経営調査の回答が必須です。

健康経営調査とは日経リサーチが行っている調査のひとつで、年度ごとに行っています。調査の結果、認定を受けられると判断した場合は、健康経営優良法人ロゴマークが使用可能になり、経済産業省の公式サイト内でも企業名が掲載されます。ちなみに、大規模法人部門で上位500社に選ばれた企業をホワイト500と呼んでいるようです。ホワイト500は企業や従業員だけでなく、新成人にも大きなアピールになるでしょう。

まずは健康経営の取り組みから始めてみよう

ホワイト企業になるためには、さまざまな条件をクリアしなければいけません。その中には、現状では不可能と思われる項目もあるため、うちには難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、どれかひとつを中心的に取り組むと意外と条件を満たしていくこともあります。たとえば、従業員の健康を第一に考える健康経営は、健康診断や指導なども含まれます。実際、ほとんどの企業がすでに健康診断などを実施しているはずです。

このすでに実施していることにプラスして、従業員の健康面をサポートする仕組みを検討してもよいのではないでしょうか。近年は、従業員の健康面をサポートする法人サービスもあります。こういったサービスでは、健康面の指導や改善、そして社食などさまざまなサービスを展開しています。すべてを同時に取り組むのではなく、健康経営を中心にして全体的な質の向上を目指すのもホワイト認定への近道です。

 

従業員の状態は、企業の雰囲気や業績に少なからず影響します。ほとんどの企業が従業員のために何らかの取り組みをしているはずです。しかし、ホワイト企業になるためには、さらなる改善が必要なのかもしれません。健康経営は、ホワイト企業への第一歩です。その中でも社食サービスは、従業員の健康やコミュニケーションなどさまざまな面で改善が見込めます。まずは、取り組みやすい社食サービスを導入して、少しずつホワイト企業を目指しましょう。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ