社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食サービスタイプはどんなものがある?導入する際に気をつけることは?


近年おしゃれな社食サービスが流行しており、「自社でも導入して社員に満足してもらいたい」と考えている担当者は多いことと思います。しかしこの考え方では、社員に満足してもらうのは難しい可能性があるのです。社食サービスを導入するなら、社員に使ってもらえるものにしたいものでしょう。今回は、社食サービスの運営方式などを解説しました。

運営方式とサービスタイプ

直営型
社食サービスの運営に必要な食堂の場所や調理師、栄養士などを自社で用意する運営方式で、大企業で導入していることが多いようです。直営型では会社がメニューや予算などを一貫できるので、運営をコントロールしやすいというメリットがあります。しかしその分、食堂の運営費用が高額になりやすいデメリットもあるのです。来賓客をもてなす場所として利用でき、自社のイメージに合った食堂を作れます。

準直営型
準直営型は事業を新しく立ち上げて、社食サービスの運営業務を任せる方式です。事業を新しく始めるので労力やコストがかかりますが、社食サービスの運営をコントロールしやすい特徴があります。

外部委託型
社食サービスの運営業務を外部委託するため、比較的導入しやすい方式でしょう。メニューの作成やスタッフの雇用などを任せられる代わりに、需要に対応しにくいデメリットがあります。会社の環境によって異なりますが、他の運営方式と比較すると費用を抑えやすいでしょう。

置き型
置き型は、食材の入った冷蔵庫を社内に設置できる方式です。従業員の健康に気を使う会社が積極的に導入しています。オフィス社食や設置型社食とも呼ばれており、狭いオフィスや中小企業でも健康的な食事を提供可能です。置き型社食がある会社の従業員は、こだわりの手作り総菜や新鮮な野菜を気軽に食べられます。食事を社内で完結させられるため、悪天候の日に外出しなくてよいメリットがあるのです。

デリバリー型
食堂を設置しなくても、会社まで食事を届けてくれるサービスのことをデリバリー型といいます。社食サービスがなくても会社まで食事を届けてもらえるので、その気軽さから人気の高い形式です。オフィス街にある飲食店は昼食時に混雑しているため、店頭に並ぶだけで時間を使ってしまいます。

目当ての食材を手に入れられなかったり、会社に戻ったら少ししか休憩時間がなかったりした経験のある人は多いでしょう。手作りのお弁当を作ればいいといわれても、週に5日から6日働き、残業時間もある日にはなかなか難しいものです。そのようなときに会社がデリバリー型の社食を導入していると、時間を有効活用できます。

社員の要望を調査する

導入前にアンケート調査をしよう
社食サービスを導入するなら、まずは社員の要望を調査することが重要でしょう。社食サービスは、多くの社員が利用してこそ効果を発揮する福利厚生です。おしゃれな社食サービスにすれば、必ずしも社員の需要を反映できるとは限りません。社員の好みではない社食サービスを作ってしまった場合、コストをかけて社食サービスを導入しても、ほとんど利用されない可能性もあります。

社食サービスに安さを求める社員は多いので、近隣の店舗よりも値段設定が高ければ利用しないこともあるのです。導入する目的が「会社に対する満足度を上げるため」なら、数多くの社員が利用する社食サービスを作るのは難しいでしょう。

そうならないために、あらかじめ食事についてアンケートをとって、社員が社食サービスについてどのように考えているのかを調査するのがおすすめです。アンケート調査から、社員がなぜ社食サービスを利用するのかを考えましょう。社食サービスには5種類の形式があるので、それぞれのメリットとデメリットの両方を理解して、自社に合ったものを導入する必要があります。

導入後のアンケート調査も大切
1度社食サービスに関するアンケート調査を実施しただけで、安心してはいけません。社食サービスを導入した後に再び社員の声や利用状況を調査して、調整が必要かどうかを考えてください。調査によって社員の需要とサービス提供時間のミスマッチなど、課題点がわかるでしょう。社員の入れ替わりによって、需要が変化している可能性もあるのです。社員の需要が変化する要素は多くあるため、調査は定期的に行って社食サービスの改善に努めましょう。

費用を比較検討して決定する

社食サービスは導入形式によって、初期コストがかかります。社食サービスを直営型にするのなら人件費も必要となるため、コストをかける価値があるかを見極めなければなりません。そのためさまざまな社食サービスを比較して、サービスを利用するかを決めるのがおすすめです。

 

社食サービスにはどのような形式があるのかを理解し、社員の需要を調査することが大切になります。どのような形式を導入するにしても多少のコストはかかるため、利用されなければ損失につながりかねません。できる限り多くの社員が利用する社員食堂を作ってください。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ