社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

テレワーク増加に伴い変化する福利厚生!社食の代わりになるサービスとは


コロナ禍をきっかけにテレワークを推奨する企業が増えたことで、社食に代わるサービスが注目を集めています。福利厚生の充実につなげるため、多様な社食サービスを取り入れる企業は増えていくでしょう。そこでこの記事では、テレワーク増加に伴い社食はどのように変化しているのか、社食に代わるサービスを解説します。

社食サービスの利用者は減少傾向にある

新型コロナウイルスの影響を受ける前から、社食サービスの利用者は減少傾向にあります。その理由は以下のとおりです。

・テレワーク増加の影響を受け社食利用者が減った
・感染症対策として社食に人が集まることを避けるため
・コンビニや社食以外の飲食店を利用する人が増えた

このように、感染症対策から人々が一定の場所に集まり、食事をするのを避けるようになったことや、テレワークの増加で社食利用者が減ったことが挙げられます。

しかし、コロナ禍になる前からコンビニや飲食店を利用し、社食サービスを必要としない人も増えていました。職場環境の変化により、社食利用者は今後も減少していくと考えられます。

社食サービスを利用しない理由

社食は限られた休憩時間の中で、社外に出る必要がなく手頃な価格で食事ができます。その反面、社食サービスを利用しない人はどのような理由があるのでしょうか。

株式会社リクルートスタイルのアンケートによる、社食を利用しない理由トップ3は以下のとおりです。

1位 おいしくない
2位 高い
3位 メニューの種類が少ない

自分好みの味でなければ、社食を利用したいと思えず価格が高いと感じることもあるでしょう。実際、社食メニューによってはコンビニや他の飲食店のほうが安く済む場合もあるかもしれません。

また、メニューの種類が少なく選択肢が限られれば、内容に飽きてしまい次第に利用しなくなってしまいます。さまざまな食事スタイルやサービスが生まれたことで、社食サービスのメリットである価格面や時間の無駄を省けることに、魅力を感じない人が増えているのではないでしょうか。

社食サービスの代わりになる食事補助

社食サービス利用者の減少により、社食を導入しない企業や経営悪化で廃止を検討するところもあります。

そのため、福利厚生の食事支援として、さまざまな社食サービスを取り入れる企業も増えているのです。社食に代わるサービスにはどのようなものがあるのか、以下にまとめたので参考にしてください。

オフィス設置型

オフィス設置型は、食事施設を必要としない代わりに冷蔵庫や電子レンジをオフィス内に設置することで、配達員が食事を届けてくれるサービスです。社員が好きな時間に自由に食事を調達できるだけでなく、食事の配達や集金などの管理を業者が行うため導入しやすいメリットがあります。

オフィス設置型のデメリットは、社外に出向くことが多い社員は利用しにくいことです。そのため、導入の際には社員全員が公平に利用できる環境かを考える必要があるでしょう。

宅配型

宅配型は、お昼の休憩時間までに宅配業者が弁当を届けてくれるサービスです。少数から注文が可能で、食べ終わった弁当容器が返却できる場合社内のゴミを減らせるメリットがあります。

しかし、宅配型は弁当の注文数を取りまとめたり、業者に連絡を入れたりする手間が必要です。また、注文締め切り時間の指定や追加注文できないケースもあり、自由に利用しにくいデメリットがあります。

訪問販売型

訪問販売型は、企業の許可を得た販売業者がオフィスで食事を販売するサービスです。社内で食事を購入できるメリットがありますが、販売時間が決まっているため時間の自由がないデメリットがあります。

チケット型

チケット型は、外の飲食店やコンビニを利用した際の支払いにチケットや電子マネーが利用できるサービスです。利用可能店舗をスマートフォンで検索し、電子決済できるものもあります。チケット型のメリットは、社員の勤務状況に合わせ自由に食事内容が選べることです。

社食提供サービスを行う飲食店やコンビニは、オフィス周辺に限らず全国に広がっています。そのため、社外やテレワークでも周辺に利用可能店舗があれば、自由にサービスを受けることが可能です。チケット型は、近くに利用可能店舗が少なかったり、多忙で外に出る余裕がなかったりする場合を除き、社員にとって自由度が高く利用しやすいサービスでしょう。

 

コロナ禍の影響によるテレワークの増加や、飲食店やコンビニの利便性が高まったことで、社食利用者は今後も減少していくと考えられます。社食があってもサービス内容に魅力を感じることができず、利用しない人が増えているのも原因の一つです。

これからの福利厚生は、働き方に合わせ社員が自由に選択できる多様性が求められます。社食の代わりになるサービスとして、オフィス型や宅配型、訪問販売型やチケット型などを導入する企業は今後も増えていくでしょう。それぞれのメリット・デメリットを考慮し、社食に代わる福利厚生を充実させていくべきなのではないでしょうか。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ