社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食サービスはどのように選ぶべき?重視したいポイントを解説


従業員の健康面でもよいことから、食事補助の福利厚生の人気が高まっています。食事補助の中でも、とくに社食サービスを取り入れたいと考える企業も増えてきているようです。運営コストも低く、スペースも取らないため取り入れやすいのもポイントといえるでしょう。この記事では、社食サービスはどのように選ぶべき?重視したいポイントを解説します。

自社に適したスタイルを選ぶ

社食にはいくつか種類があります。自社に適したスタイルを選ぶことで、従業員から喜ばれるでしょう。

社食サービスの種類
社食サービスには種類があります。

・置き型社食サービス
・お弁当型社食サービス
・提供型社食サービス

自社のニーズにマッチした種類をチョイスすることが可能です。

◆置き型
自動販売機や冷蔵庫、冷凍庫を設置して提供する社食サービスです。

・24時間利用可能
・従業員のニーズに合わせることができる
・1品ずつ購入できる

おすすめポイントは複数あり、昼食だけでなく24時間利用できるので、朝ごはんや夜勤前の食事としても利用できます。置き型の社食サービスは1品から購入可能なので、家からご飯だけ持ってきて他の社食で賄うこともできるでしょう。

◆お弁当型
昼食時にお弁当を販売するタイプの社食サービスです。

・対面式
・無人販売
・冷蔵庫に保管

販売方法に種類があり、会社のスタイルに合わせることが可能ですね。お弁当型の社食サービスは栄養バランスがよく、管理栄養士が監修している健康志向のものもあります。

◆提供型
提供型の社食サービスは、社外で調理したものをケータリング式で届ける社食サービスです。

・コミュニケーションをとりやすい
・量を調節できる

ケータリング式なので従業員が揃って昼食を食べられます。食事中にコミュニケーションをとりやすくなるのは提供型のメリットでしょう。量が決まっている訳ではなく、自分で調節できるので好きな量を食べられます。提供型の社食サービスでは、メニューや量の調節も可能です。男女の比率や年代でメニューを変えると従業員も満足しますね。

メニューの種類
社食サービスでは、メニューの種類が少ないと従業員が飽きてしまいます。従業員のニーズにあっていない内容でも満足度は向上しないでしょう。ニーズに合わない社食サービスを取り入れても、従業員は飽きてしまい利用しなくなってしまいます。女性従業員が多いのならヘルシー志向、男性従業員が多いのなら量が多い食事など社員に合わせる必要がありますね。

業者を比較する

社食サービスを選ぶ時に複数社のサービス内容を比較します。その際に、気をつけるべきポイントを紹介しましょう。

従業員の男女比率や年代
従業員の男女比率や年代を把握しておく必要があります。男性が多いのか、女性が多いのかで好まれる食事の内容も変わるでしょう。女性が多いならヘルシーなメニューを中心に、男性が多いなら量があっても時間をかけずに食べられるメニューを取り入れるなど、従業員にあったサービスを選ぶと喜ばれそうです。

価格
毎日、社食サービスを利用すると考えると価格も重要です。利用しやすい金額は数百円~ワンコインでしょう。従業員が無理なく利用できる金額設定の社食サービスがおすすめです。選ぶ際は利用しやすい価格帯に設定する必要があります。

昼食の時間
企業によっては昼食の時間帯がバラバラです。時間帯が異なる場合には、従業員が時間を気にせずに利用できる社食を選びましょう。置き型社食サービスなら24時間利用できるので、時間を気にする必要もありません。

メニューのラインナップ
社食サービスを継続して利用していると、同じようなメニューだと飽きてしまいます。メニューが少ない社食は飽きがくるのも早いので、メニューのラインナップが豊富なサービスを選びましょう。定期的にメニューが入れ替わる社食などもあるので、飽きがこない工夫がある社食サービスなら従業員も喜びますね。社食サービスは管理栄養士監修のメニューもあり、健康に気を遣う従業員や女性にもおすすめです。

従業員の健康管理に貢献できるか

社食サービスを取り入れる理由として、従業員の健康に配慮できるサービスの導入を目的としているケースも多いです。忙しく食事をおろそかにしてしまうと体調を崩しやすくなり、一人暮らしの従業員は食事に手間をかけない人も多く、コンビニで済ませる場合もあります。社食が健康に配慮されていれば、心身ともに健康でいられそうです。

栄養バランスのとれた社食は従業員の健康管理にも貢献でき、従業員の健康が守られれば会社としても生産性が上がりメリットになります。また、健康経営を行っている会社だということは求職者へのアピールにもなります。福利厚生の一環として、社食サービスを取り入れている企業も増えてきました。人が集まれば優秀な人材も育ちやすく、会社にとってもよい効果を得られるでしょう。

 

社食サービスはどのように選ぶべき?重視したいポイントを解説しました。美味しいだけでなく、健康にも配慮された社食サービスもあります。社食といえばお弁当の印象が強かったですが、置き型や提供型なども増えました。従業員のニーズに合わせて社食を選ぶことで、健康も守れるでしょう。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ