社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食サービス導入には何が必要?選ぶポイントも解説


近年、社食サービスの需要が高まっています。自社でも導入したいと考えている企業担当者もいるのではないでしょうか。社食サービスの導入には、何が必要となるのか知っておかなければなりません。そこでこの記事では、社食サービスに必要なものや社食サービスを選ぶポイントについて詳しく紹介します。社食サービス導入の参考にしてくださいね。

社食サービス導入に必要なこと

社食サービス導入には何が必要か?それは、社員への食事補助の仕方で違ってきます。タイプは大きく2つあり、社員食堂を社内に設置するのか、社食サービスを利用するのかです。それぞれ解説していきましょう。

社員食堂を設置する場合
運営方式によってコストに違いはありますが、社内に社食を設置する場合はひとつの飲食店を建てる程度の初期投資が必要になるでしょう。導入後も社員食堂を運営していくための人件費や食材費、光熱費などの施設費用などがかかります。

また費用面以外では、保健所へ申請して許可をもらわなければなりません。あわせて、一定期間ごとに衛生管理調査があることも忘れないでおきましょう。自社で運営をすべて行う場合にはスタッフの確保、外部委託する場合には委託先の選定も必要になってきそうです。

社食サービスを利用する場合
はじめに提供方法の決定が必要です。大きく分けると「お弁当型」「食事代補助型」「社内設置型」の3タイプが考えられるでしょう。社員が利用しにくいサービスにしてしまうと、導入したことが無駄になってしまいます。

たとえば食事代補助型にしたのに近隣に飲食店がなかったり、お弁当型にしたのに食べる時間には冷めてしまったりすると満足度は下がってしまうでしょう。会社側の負担も考慮しつつ、社員にとって最適なサービスを選ぶ必要があります。利用率が下がることのないよう、導入後も社員の意見をヒアリングした方がよいでしょう。

続いて、予算についての検討です。サービス内容によっては、冷蔵庫や電子レンジの設置にかかる費用、光熱費を考慮しならない場合もあります。継続して社員へ食事補助ができるように、会社の負担が大きくなりすぎないようにした方がよいでしょう。

社食サービスの提供方法や予算を決めたら、次は委託先の選定です。社員に対して事前にアンケートを行い、社食サービスへのニーズを把握しておけば、委託業者の候補が絞りやすいですね。業者によっては試食を提供している場合があるため、食べてみて決めるのもよいでしょう。予算やニーズも大切ですが、味も重要なポイントになってきます。

運営方式の特徴

社食サービスは運営方式により、三つのタイプに大別できます。

一つ目は「直営方式」で、自社でスタッフを直接雇用し、運営・管理していく方式です。食材や備品の発注・管理を含むすべてを自社で行うため、導入には手間がかかります。しかし会社経営の一部なので、コントロールしやすいことがメリットです。自社のイメージに合わせて作り上げられ、企業のイメージアップにも活用できます。

二つ目は「準直営方式」で、自社で新たに会社を設立し、運営・管理を任せる方式です。社食運営にかかる費用は自社で出し、運営は設立した新会社に任せることが一般的となっています。外部にすべてを任せられる人材がいる場合には効果的な方法といえるでしょう。

三つ目に「外部委託方式」で、運営や管理を外部の業者に委託する方式です。社食についてのノウハウが豊富なこと、自社の負担軽減がメリットとなります。調理するスペースを必要としない形態もあるため、設備投資をコストカットでき、自由に委託業者を選択できそうです。近年では需要自体が増えている傾向にあり、外部委託方式といってもサービス内容は異なります。社員のニーズを考慮し、委託先を選びましょう。

社食サービスはどう選ぶ?

社食サービスは需要に応じて多様化しています。どのように選べばよいのか、悩むこともあるのではないでしょうか。ここでは社食サービスを選ぶ際のポイントについて紹介します。

まず大切なのは「提供方式の選択」です。提供方式は大きく分けて3つあります。委託業者ができ合いのものを配達してくれる「お弁当型」、提携飲食店で利用できる割引チケットを配布する「食事代補助型」、冷蔵庫での惣菜販売や自販機での食品販売を行う「社内設置型」です。どの提供方式だと社員が快適に利用できるか、考えてみてくださいね。

次に「メニューの豊富さ」で、これも重要となるポイントのひとつです。メニューの種類が少ないことは利用者の飽きにつながってしまい、利用率を下げてしまうことになりかねません。豊富なメニューから食事を選べると、より食事時間を楽しめるのではないでしょうか。また近年の健康志向の高まりから、健康に配慮したヘルシーなメニューを扱っていることも大切です。

最後は「価格の安さ」で、社食といえば「食事を安く食べられる」というイメージを持っている人が多いでしょう。社員にとって、数百円やワンコインで食事を摂れることは大きな魅力です。しかし、価格重視で内容が悪くなってしまわないように注意しなければなりません。会社の負担費用、社員の利用しやすい価格、サービス内容をバランスよく考えて決める必要がありますね。

 

ここまで、社食サービスに必要なものや選び方について解説してきました。運営方式や提供方式によって、社食サービスの内容は多様化しています。種類が豊富なだけに、どのサービスを利用するのか決めにくいかもしれません。まずは、社員のニーズをヒアリングすることから始めてみてはいかがでしょうか。社員が利用しやすく、会社にとって過度な負担にならない社食サービスを選んでくださいね。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ