社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食サービスを導入するメリット・デメリット


「社食は会社に必要?」「社食にどんなメリットとデメリットがあるのだろう?」など、社食の導入を検討している企業担当者は、最初にこのように考えるのではないでしょうか。コストが気にかかり、導入に踏みきれないケースもあるでしょう。この記事では、社食を導入する前に知っておくべきメリット・デメリット、社員から見た社食の魅力を紹介します。

社食サービスのメリット

社食サービスを導入するとたくさんのメリットがありますが、ここでは3点紹介していきます。

1つめは「社員の健康維持・向上をサポートする」という点です。社食では栄養士が配置されていることが多く、社員はカロリーや栄養バランスを考えたメニューで食事を摂ることができるからでしょう。仕事の合間の食事では、忙しさのあまりコンビニやファストフードに頼ることも多く、栄養バランスにまで気を配ることが難しいのではないでしょうか。

健康不安を抱えた社員が増えてしまうと、体調不良による欠勤の増加、集中力・生産性の低下につながってしまう可能性もあります。そのようなリスクを回避するために、近年ではヘルシーメニューを取り入れている社食も増加しているようです。社食を導入して社員の健康維持・向上をサポートすることが、業務に集中して取り組んでもらうための土台となるでしょう。

2つめのメリットは「コミュニケーションの活性化」です。社食は多くの社員が集まる場所なので、社員同士が自然とコミュニケーションを取りやすくなります。業務時間内に比べると、休憩時間内なら気軽に会話できそうです。業務に関する内容であっても、オフィスではなく社食ではざっくばらんに話しやすいのではないでしょうか。

会話が新しいアイデアを生み出すことにつながる可能性があります。また、仕事に関係ないプライベートな会話もしやすく、相手のパーソナルな面をより深く理解でき、業務を円滑に進めるヒントになることもあるでしょう。休憩時間を社食で過ごすことで、リラックスしながらコミュニケーションをとれるので、チームワーク向上につながります。

3つめは「福利厚生の充実につながる」ことです。社食は福利厚生の一環という側面があります。その福利厚生の充実を図ることが、社員のモチベーションアップにつながるのです。就職する際は、福利厚生の充実した会社で働きたいと考える人が多いのではないでしょうか。社食は福利厚生のひとつです。手厚い福利厚生は会社への満足度や帰属意識を向上させ、仕事へのモチベーションへとつながります。

また「社員を大切にする会社」「福利厚生にコストを捻出できる会社」として、外部にもアピールできるのです。社食を取り入れることで、社内や社外のブランディングを向上させられます。

社食サービスのデメリット

社食サービスのデメリットについてもいくつか解説しましょう。

1つめは「導入・運営するにはコストがかかる」という点です。社食を会社内に新たに設置する場合は、工事費や設備・備品などを揃える費用がかかるため、多くの予算が必要となります。またスムーズに運営するためには、充分な人手が必要となるため人件費もかかるものです。そして、光熱費も予算に入れておかなければなりません。コスト面で導入を悩んでいる場合は、デリバリー型や委託型などを検討してみてもよいかもしれませんね。

2つめは「営業時間が限られてしまう」という点です。社食は基本的には、その企業の社員が休憩中に利用するものでしょう。近年はフレックス制やシフト制など働き方も多様化していますが、社食はランチタイムの利用が圧倒的に多く、それ以外の時間に開けていても利益があまり出ません。そうすると営業時間が限られてしまうため、時間が合わない社員が利用できなくなってしまいます。

3つめは「マンネリ化してしまう」という点です。せっかく導入した社食が、社員に飽きられて利用してもらえないのはデメリットとなってしまいます。場所や食器が変わらないこともマンネリ化しやすい要因ではありますが、その要素を変えるのは難しいでしょう。栄養バランスを考えつつ、リーズナブルな価格で提供できるようメニューの見直し、マンネリ化を避ける必要があります。社員から要望を聞き、メニューの参考にしてみるのも手かもしれません。

社員から見た社食サービスの魅力

社食に対して社員が感じる大きな魅力は「食事代を安く抑えられる」ことにあります。社食は福利厚生の一環ということもあり、利益をあまり重視していない場合が多く、一般の飲食店に比べると安価で食事を提供しています。そのため社員はしっかりと食事を摂りつつ、食事代を節約できるでしょう。

また、社内で食事を済ませられる点も社員にとってはメリットとなります。社外に出たものの、行き先に悩んでいるうちに時間が経ってしまったという経験はあるでしょう。社食を利用すればメニューに悩むことはあっても、行き先で悩むことはありません。その結果、余裕を持って食事を摂れるようになります。気持ちの面でもゆとりが生まれ、食事中に同僚との会話を楽しめるようになるでしょう。

 

ここまで社食サービスについてのメリット・デメリット、社員から見た社食の魅力について紹介しました。社食というと社内設置型をイメージする人が多く、ハードルが高いと思うかもしれません。しかし、近年ではデリバリー型や委託型など社食のタイプも多様化しているので、柔軟に検討してみてはいかがでしょうか。社員の働き方やニーズを含め、自社に合わせた社食サービスを導入することが大切ですね。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ