社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社員食堂の導入は難しい?!簡単に社員食堂を導入するには

昨今、社員食堂が注目されているとご存じでしょうか?社員食堂を利用すれば、栄養バランスのよい食事ができます。社員食堂は多くの効果をもたらすとされていて、導入を検討する企業も増えています。しかし、社員食堂の導入は少々ハードルが高く、なかなか手が出せるものではありません。しかし、手軽に社員食堂を導入する方法があります。

社員食堂がもたらすメリット

社員食堂がもたらすメリットは非常に多く、働く人にとって欠かせないものばかりです。

■健康面

社員食堂の食事は栄養バランスが取れたものを提供しているため、仕事をしながらでも健康面を意識できます。

仕事をしながら食事の面を考慮するのは困難であり、なかなかバランスの取れた食事ができなかったかもしれませんが、社員食堂であれば栄養面で安心して利用ができます。

今日の食事は明日につながるため、健康を保ったまま仕事のパフォーマンスを上げられます。

■経済面

社員食堂は値段設定も親切であるため、コストをかけずに食事ができます。外食の場合は高くなりがちで、毎日となると経済的な負担がかかります。コンビニで購入するよりも安価になるため、社員食堂を利用しましょう。

■時間

社員食堂であれば社内に設置されていて、時間の余裕が生まれます。忙しい日や雨の日でもスムーズな利用ができるでしょう。会社の近くの飲食店では、他の会社の人も大勢いるため、満席になっている時もあり、席に座るだけでも一苦労です。時間を有効に使えて、栄養バランスのよい食事ができるのは社員食堂のメリットですね。

■職場環境

社員食堂利用すれば、あまり話さない人と話せる機会が生まれます。食事は「楽しく食べる」のがより効果的だといわれていて、社員食堂はまさにぴったりな環境です。

■人材定着

社員食堂があれば、人材定着にも効果があるとされています。親切な値段で設定された社員食堂は、福利厚生の恩恵を受けていると実感しやすいので、人材が定着の効果があります。「食」を重要視する声は多く、食に対する福利厚生に力を入れる企業が増えています。

社員食堂の導入はハードルが高い

社員食堂の導入は、簡単ではありません。スペースを確保すればよいわけではなく、考えなければならない課題が多数あります。では、どんな課題をクリアすれば社員食堂の導入ができるのでしょうか。

■運営方法

社員食堂の主な運営方法は3つあり、

・直営方式

・準運営方式

・外部委託方式

の運営方法があります。一つずつ見ていきましょう。

■直営方式

直営方式は、自社内に設備を設置し、スタッフの雇用を自社で運営する方式です。つまり、自社だけで完結できます。臨機応変に運営ができて、外部へのアピールもできますが、人件費や設備費が大きくかかり、広いスペースを確保しなくてはなりません。

■準運営方式

直営方式と酷似していますが、自社とは別に会社を設立して社員食堂の業務を任せて運営する方法です。直営方式と同様のメリットとデメリットがあります。

■外部委託方式

外部に委託して、運営する方法です。設備がなくてもお弁当や総菜をデリバリーしてくれたり、設置型として運営したりと好きなやり方で社員食堂を提供できます。ですが社内の人間のニーズに応えなければならないため、自社にあったサービスを探す必要があります。

■費用

設備費、人件費などの費用がかかるので、コスト面を考えると安易に社員食堂を提供できません。設備のメンテナンス費用や、食材費など、毎月考えると導入のハードルは高いです。

■スペース

社員食堂用スペースを確保できる企業が少数です。新しく設備を設置するスペースの確保から、テーブルと椅子を置くとなると、相当スペースが必要になるため、導入できない企業がほとんどです。

手軽に社員食堂を導入するには

写真食堂のスペースが作れないからといって、社員食堂を諦めないでください。最近では、「オフィス設置型社員食堂」という方法があります。設置型の社員食堂を導入すれば、社員食堂のスペースが必要ありません。

オフィスの周辺に飲食店やコンビニがない場合でもすぐに食事ができます。オフィス設置型社員食堂の魅力を紹介します。

■野菜や総菜をオフィスに常備する

オフィスに野菜や総菜を常備して、あらかじめ考えられた栄養バランスの取れた食事が可能です。忙しくて昼食を買いに行く時間がなくても、オフィスに常備してあるのですぐに購入ができます。

■導入のハードルが低い

スペースやコストの問題でなかなか導入できなかった社員食堂と違い、設置型社員食堂は導入のハードルが非常に低いです。運営方法の検討もなく、設置型社員食堂のサービスやプランを検討するだけで導入ができるので、社員と話し合いながら容易に決められます。

 

社員食堂の効果と、導入について解説しました。休憩中の食事は、午後の仕事のパフォーマンスを上げるものになるので、費用やスペースがなかなか確保できない企業は、設置型社員食堂を検討してみてください。社員が求めている食事を提供して、社員の健康面に配慮しましょう。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ