社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

喜ばれる社食サービスは?業績改善に役立てるコツ


従業員の調査をして適切に運営する社食サービスは、高い満足度を得られます。実は社食サービスが業績改善につながるといわれていることをご存じでしょうか。今回は従業員に喜ばれる社食サービスや、業績の改善とどのように関わっているのかを解説します。社食サービスを検討中の企業の方はぜひ参考にしてください。

メニューが豊富

季節ごとに種類を揃える
社員に喜ばれるのは、メニューが豊富な社食サービスです。ある社食サービスではメニューの豊富さから、組み合わせを楽しめるのが魅力となっています。ごはんは自宅から持ってきて、総菜は社食サービスのものを食べることが可能です。自宅で作ったお弁当に、社食サービスの総菜をプラスすることもできます。

メニューが豊富だと組み合わせを選べるので、マンネリ化しにくいわけです。同じ社食サービスでは、季節のメニューも充実しています。春のメニューだけでも10品以上ありますから、「昨日と同じメニューを今日もまた食べる」ということにはならないでしょう。春夏秋冬で色とりどりのメニューが揃っていれば、見ているだけでも楽しくなりますし、明日のメニューを考える楽しさも味わえます。

社食サービスのメニューを揃える注意点
社食サービスのメニューを揃えるには、おさえておきたい注意点があります。メニューを充実させようと思ったら最初にぶつかる壁が、コスト面ではないでしょうか。食材費だけに留まらず人件費や備品購入費がかかりますし、メニューによっては新しい設備が必要になります。

一時的な提供で終了するのではなく、提供を続けられるかどうかを考えることが大事です。従業員の身体を支える食事なので、栄養面も大切になります。タンパク質・炭水化物・ビタミン・ミネラルがバランスよく補える内容の食事が理想です。

利用率を定期的に調査する

利用率を調査する理由とは
社食サービスにおいて、社員の声を聞いて始めたから満足しているはずだ。と決めつけるのは危険です。社員が社食サービスに求めるのは「時間がかからない」「値段が高くない」「満足感がある」などがあります。社員の入れ替わりによる年齢構成の変化や、提供時間のミスマッチなど、需要が合わなくなる原因は多いです。

これらの事柄について考えながら、社食サービスの環境にも気をつけなければなりません。せっかく行っても毎日混んでいたり美味しくなかったりすれば、社食サービスを利用しようと思わなくなります。

社員食堂を使わない人も多い
ある調査では、会社に社員食堂があっても、ほとんど使わない人がおよそ45%いるという結果でした。また社員食堂を使わない日の昼食に利用するのは、コンビニやスーパーが多いです。社食サービスに期待していることとして、栄養バランスへの配慮のほか、季節感のあるメニューが挙がっていました。

社員食堂を利用したくない理由としては、種類の少なさや値段の高さ、美味しくなさが挙がっています。これはつまり、種類を豊富にして美味しい社食サービスが提供できれば、利用してもらえる可能性があるということです。一人ひとり求めるものは違うので、定期的に利用率を調査してください。

社員の満足度次第で業績向上も見込める

栄養バランスのよい食事は生産性の向上につながる
社食サービスを導入して、業績向上につながる可能性もあります。食はエネルギー源なので、バランスの整った質の高い食事をすることにより、生産性の向上につながるわけです。コンビニのおにぎりや栄養補助食品などで食事を済ませていると栄養が偏るので、疲れやすくなり集中が続かなくなります。

限られた時間の中で少しでも多くの仕事をしようと考えたときに、大事なのは生産性です。脳が正常に働くために食事は大きな影響があるので、脳によい影響を与えるためには食べるものをよく考える必要があります。脳が活発に働くにはブドウ糖が欠かせません。ほとんどの食べ物は身体に取り込まれるときに、ブドウ糖に分解されます。しかし分解の速さやエネルギーを持続する長さは、食べ物によって違うわけです。1つの食べ物から栄養を補うのがよくないというのは、このような理由になります。

栄養バランスの他に大事なこと
現代の食事の課題としてよく挙がるのは、栄養バランスのことです。しかし課題はそれだけではなく、誰とどこで食事を摂るのかも大切になります。たとえ高級な料亭で食事をしたとしても、緊張して味もほとんどわからないようであれば、美味しいとはいえません。

高級な料亭ではなかったとしても、気心の知れた仕事仲間とリラックスしながら食事ができれば、満足感を得られるはずです。コミュニケーションは、生産性の向上を図るために大切です。リラックスして情報の共有が行えれば、進捗の管理につながり仕事の「見える化」がはかどります。社食サービスの導入によってそのような環境の提供ができると、社員同士のコミュニケーションにつながるわけです。

 

社食サービスについて、従業員に喜ばれる方法や業績の改善へのつなげ方を解説しました。栄養バランスのよい食事を提供できれば、従業員の生産性の向上につながるので、いずれは業績の向上が見込めるわけです。そのためにもしっかりと戦略を立てて、需要に合った社食サービスを提供するよう心がけましょう。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ