社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食で取り入れたい!ヘルシーなメニューとは


ヘルシーなメニューを社食にも取り入れたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、ヘルシーメニューとは何か理解している人は少ないかもしれません。この記事では、ヘルシーメニューの定義や施されている工夫について紹介します。社食に取り入れる際に注意しなくてはいけない点もあるので参考にしてください。

ヘルシーメニューの定義とは

どのようなメニューをヘルシーメニューというのかご存知でしょうか。まずヘルシーとは健康的という意味の言葉です。健康的な献立という意味になりますが、明確な定義はあるのでしょうか。実際のところ特別な栄養成分や推奨内容などの明確な定義はありません。定義はありませんが、カロリーから考えると650カロリー以下を基準としていることが多いようです。使う材料についてもとくに決まりはありません。

栄養のバランスや低カロリーであることから考えると、食物繊維が多い野菜やきのこ類などを使うことが多いようです。ヘルシーメニューは、生活習慣病の予防やダイエットを目的とした人が取り入れることが多いメニューです。健康づくりのために、飲食店や弁当店などでも取り入れていることがあります。ただカロリーを減らすのではなく、必要な栄養素をしっかり摂取しながらおいしく食べられるメニューであることが重要です。逆に栄養価が高いだけでおいしくなくてはよくありません。ヘルシーなだけでなく、しっかり栄養がとれるバランスのよいメニューを考えることが大切です。

ヘルシーメニューに施されている工夫

ヘルシーメニューにはどのような工夫が施されているのでしょうか。ヘルシーメニューを取り入れたいと考えている人は参考にしてみてください。

■栄養バランス

ヘルシーメニューを取り入れる際に一番大切なことは栄養バランスです。カロリーだけを気にするのではなく、5大栄養素について考えましょう。5大栄養素とは、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルです。ご自身の年齢や運動量に合ったカロリーを摂取するようにしましょう。

■調理方法

ヘルシーメニューを作るには調理方法も重要です。油で揚げるよりも、蒸したり、茹でたりするような調理方法のほうがよいでしょう。油の量を減らすだけでもカロリーは抑えられるのです。野菜などは少し固めに調理し、よく噛むような工夫をすることもできます。

■使用する部位

ヘルシーメニューにするには、魚や肉は脂身が少ない部位や種類のものを使用するとよいでしょう。脂身を減らすことにより高たんぱくでカロリーが低いメニューになるのです。また、サイドメニューには野菜やきのこ類、海藻類などを含むメニューを選ぶとさらに効果的です。

■メニュー数を増やす

メニュー数が少ないと、使用する材料が似たようなものになってしまうので栄養が偏ってしまいます。さまざまな風味のメニューと取り入れられるようにすると、栄養バランスもよくなり飽きてしまうこともなくなるのです。

■塩分量に注意する

ヘルシーメニューにするには塩分量に注意しなくてはいけません。しかし塩分を減らしすぎてしまうと味気なく物足りなさを感じてしまいます。スープの場合には、野菜をたっぷり入れることで汁の量を減らし、塩分量を減らすという工夫ができるのです。

ヘルシーメニューを取り入れる際の注意点

ヘルシーメニューを取り入れる際にはいくつかの注意点があります。3つの注意点を紹介するので参考にしてください。

■人によって必要量が違う

650カロリー以下が基準ではありますが、年齢や性別、運動量などによって必要なカロリーは異なります。ご自身に合った1日に必要なカロリーを考え、ヘルシーメニューなのかどうか判断する必要があります。

■極端にカロリーを減らさない

ただカロリーを抑えればヘルシーという訳ではありません。ダイエット目的であっても必要以上にカロリーを減してしまうと体調不良の原因となります。無理にカロリーを減らしてしまうと筋肉量が減ってしまい、痩せにくい状態になってしまうのです。極端にカロリーを減らすのではなく、摂取するカロリーと消費するカロリーのバランスがよいのかを考えることが重要です。

■ストレスをためない

ヘルシーメニューを食べていると、ストレスに感じてしまう人も多いでしょう。ストレスがたまってしまうと脂肪が蓄えやすくなってしまうホルモンが分泌してしまうのです。とくにダイエット目的でヘルシーメニューを取り入れている人は、気を付けなくてはいけません。無理のないメニューにするなど、ストレスをためないように工夫する必要があります。

 

ヘルシーメニューについて紹介しました。ヘルシーメニューには、はっきりとした定義はありません。ヘルシーにするためにカロリーを減らせばよいという訳ではないのです。ひとりひとりに合った摂取量を考え、栄養バランスがよいメニューにすることが重要です。調理方法を工夫するだけでもカロリーは抑えられます。使用する部位や種類にも注目してみるとよいかもしれません。ストレスなく継続できる工夫をすることも大切です。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ