社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社食サービス導入で福利厚生を充実させよう!


社食サービスの導入を考えているけれど、メリット・デメリットを知らない人は多いのではないでしょうか。何も調査をせずになんとなく社食サービスを導入しても、社員の需要に合わない可能性があります。せっかく社食サービスを導入するのだから、たくさん利用してもらえるものを作りませんか。今回は社食サービスについて解説しました。

社食サービス導入のメリット

社食サービスを導入して得られるメリットは、多くの人が利用できることです。福利厚生の利用者を家族向けや独身向けなどに限定すると、利用する人が限られてしまいます。しかし社食サービスなら、その会社に勤務している社員の多くが利用できるため、導入したときの効果も得やすいです。

食欲は人間の三大欲求の1つですから、食欲を満たす福利厚生は満足度が高まりやすいといえます。コンビニや外食に行く場合は、どうしても会社からの移動が必要なので、億劫に感じてしまうのです。しかし会社から一歩も外へ出ずに美味しい食事が摂れるのなら、喜んで利用する人も多くなります。栄養面に気を配った食事を提供することにより、社員の健康サポートにつながるのもメリットです。

社員の健康を維持できれば仕事の効率もよくなるので、いずれ会社の生産性の向上につながります。社食サービスの導入は、会社の将来への投資ともいえるわけです。仕事中と比較して食事中はリラックスしやすいので、社食サービスは自然なコミュニケーションの促進につながります。普段あまり会話をしない社内の人とも、コミュニケーションが取れるのです。

社食サービス導入のデメリット

新しくサービスを始めるときは、デメリットも確認する必要があります。なぜなら、導入や運営にはコストがかかるからです。社食サービスを自社運営で最初から立ち上げるのなら、人件費や工事費など多くの予算が必要になります。社食サービスの形式によっては低コストを実現できるものもありますので、さまざまなサービスを比較してください。

社食サービスは一般的に昼食の時間に運営していますから、一部の社員だけ福利厚生が受けられない可能性があります。業種・職種によってはシフト制を取っているところもあるので、不公平にならないよう配慮する必要があるでしょう。社員の健康に気を使いながら安い値段で提供しようとすると、たくさん種類を作れないのでマンネリになりがちです。一週間のうちほとんど社食サービスを利用する人は、メニューに飽きてしまうかもしれません。

社食サービスを選ぶには?

社食サービスを選ぶには、メニューの内容・社員の需要・提供の形式などを確認します。洋食でも和食でも、似たようなメニューが毎回続くと飽きる可能性があるので、メニューの選択肢が豊富なサービスを選ぶのがおすすめです。

世代によって食事に求めるものは異なります。若い世代は量を求めますが年配の世代はヘルシーさを求めるなど、豊富な需要に対応できるかどうかも確認してください。社食サービスには、提供の形式が複数あります。

1つは食堂にする空間を確保して、決まった時間に食事を提供する「提供型」です。これは社員食堂に使う空間が必要ですが、温かい料理を提供できます。

「お弁当型」は、対面販売やデリバリーでお弁当を購入できる形式です。お弁当サービスの中には、およそ50社のお弁当屋さんが交代で入れ替わる仕組みになっており、メニューに飽きない工夫をしている社食サービスもあります。このような社食サービスを選べば、社員食堂に対するマンネリの対策になるでしょう。

「設置型」は、社内の冷蔵庫から好きな食事を取りだせる形式です。設置型のサービスによっては、軽食やドリンクだけに留まらず、スイーツなどを提供している会社もあります。そのため社員の需要に合わせたサービスを選ぶことが可能です。

健康を意識したメニューが人気

カレーや鶏のから揚げ、ハンバーグなどのメニューは、社員食堂で定番の人気メニューとなっています。ところがこれらのメニューはカロリーが高いので、社員の健康面に気をつける必要があるのです。

しかし近年人々の健康意識が高まっているので、カロリーが計算されていたり栄養バランスに配慮されていたりするメニューも好まれます。社員食堂のデリバリーサービスを提供している会社では、午後の働きぶりを向上させるため、食事にサラダを取り入れることを提案しています。ほとんど健康を意識しない人でも、食事にサラダを食べることによって、自分の健康と向き合う機会ができるわけです。

 

社食サービス導入のメリット・デメリットなどをお伝えしました。どんな社食サービスでも、とりあえず導入すればいいわけではありません。需要やコストをしっかりと考える必要がありますから、ビジネスと同じなのです。そのうえで自社にはどんな提供の形式が合うのか、見極めてください。よく考えられた社食サービスなら、たくさんの社員が利用することでしょう。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ