社食サービスの導入を検討している企業必見!口コミで評判の高い社食サービス9社を徹底比較!

社員食堂の利用はダイエットに向いていない?太らないためにできること

社員食堂は食べたい物を選んでしまいがちですが、ダイエットをする際には、好きな食べ物を止めなければならない時があります。社員食堂の利用は、ダイエットに向いているのでしょうか?そして太らないためにはどうすればよいのでしょうか?この疑問を解消するため、社員食堂のメリットや太らないためのポイントについてご紹介します。

社員食堂のメリット

でははじめに、社員食堂を利用するメリットはなんでしょうか?

■安価で食事ができる

社員食堂を利用すれば、福利厚生の一環であるため、比較的安価で食事ができます。食事は毎日摂るものなので、どうしてもコストがかかってしまいます。

外食となると1,000円を超える時もあり、できるだけコストをかけずに食事ができるのが理想的ですが、社員食堂を利用すれば、低コストで食事が可能です。

■時間を有効に使える

社員食堂であれば、社内にあるため移動の時間がかからず、外食ほど料理が出来上がるのを待つ必要がありません。職場の人と話しながら食事ができるため、食事の時間を有意義にできます。

せっかく見つけたお店が、混雑している時も珍しくありません。時間を有効に使うためにも社員食堂がおすすめです。

■栄養バランスがよいメニュー

社員食堂を利用すれば、管理栄養士が考案したメニューが揃っているため、健康面を気遣うことができます。実際に、仕事をしながら栄養バランスがよい食事を考えて摂取するのは困難であり、実現できていない人も多くいます。

また、ビュッフェスタイルの社員食堂の場合は、自分で好きな組み合わせができるので、野菜を食べていなければ野菜を中心としたメニュー、カロリー計算をしながら食事ができるのもメリットです。各々が自分と相談して食事ができる上に、コストがかからないので、社員食堂はメリットがたくさんあります。

社員食堂を利用すると太りやすい?

社員食堂は好きな定食や丼ものを選んでしまいがちで、すぐに食事を済ませる傾向があります。急いで食べると、食べる量が増えてしまうので、ダイエットの効果があまり期待できません。

丼ものの場合は、比較的高カロリーに分類されるので、ダイエット中であればあまり適していません。定食はカロリーを考えて作られていますが、ボリュームがあるため、食べる量を制限している人にはあまり向きません。

また、野菜も好きなものを選んでしまいがちなので、バランスよく栄養を補給するのは困難で、社員食堂の場合は野菜を単体で提供していない場合が多いです。

炭水化物やたんぱく質を多めに摂ってしまうのが社員食堂の傾向です。ただ、普段偏った食事をしているなどの自覚がある方には、栄養が考えられている社員食堂は効果的であるといえるでしょう。

社員食堂を利用しても太らないために

社員食堂を利用したまま、健康的でなおかつ太らないようにするにはどうすればよいのでしょうか?健康的なまま太らないようにするには、

・目標体重

・適度な運動

・正しい食生活と生活習慣の見直し

が必要です。上記を意識した上で、取るべき行動について説明します。

■カロリーのコントロール

ダイエット中は適度にカロリーをコントロールする必要があります。単に食事量を減らしてしまうと、体に負担がかかり体重も減りにくく、健康的にダイエットができないので、止めましょう。

摂取カロリーより消費カロリーが多い身体を作れば、脂肪が燃焼して体重が減ります。カロリーを極端に制限する必要はなく、たんぱく質・脂質・炭水化物をバランスよく摂取すれば、健康的なダイエットが可能です。

たんぱく質は、運動をしない人であれば一日当たり体重×1g、運動をする人であれば体重×2gが理想的だといわれています。脂質は一日に必要なエネルギーの10%から20%、炭水化物は50%から60%をそれぞれ摂取するのが理想です。ビタミンやミネラルもエネルギーの代謝に有効なので、積極的に摂取しましょう。

■食べる順番に注意する

野菜や食物繊維を多く含むものから食べるのがダイエットに効果的です。お腹に入ってしまえば一緒というわけではなく、食べ物を食べる順番によって太りやすい体質になってしまう場合があります。空腹時は食べ物の吸収が早く、脂肪として蓄積しやすい炭水化物を最初に食べてしまうと太りやすくなってしまいます。

食物繊維にはカロリーがなく、後から食べたものの脂肪吸収を抑制する働きがあります。野菜のあとに、お肉や魚を食べるようにしましょう。食べる順番を、野菜、お肉、ご飯と意識すれば、太りにくい体質へと変化します。

■適度な運動と生活習慣の見直し

体を動かして脂肪の燃焼を促すと、ダイエットに効果的です。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動、筋トレなどの無酸素運動も毎日少しずつ取り組むとよいでしょう。

運動を習慣づけると同時に、生活習慣の見直しもしてください。日々の生活が影響して痩せにくい身体になっている場合があります。

睡眠時間は7時間から8時間にしてホルモンバランスを整えて、早起きを意識して夜食を控えてみてください。自律神経を整えて規則正しい生活を送るのが一番ダイエットに有効な方法です。

 

社員食堂の利用について説明しました。ついつい好きなものを食べてしまいたくなりますが、ダイエットや食事の量を調整しているのであれば、我慢しなくてはならない時もあります。生活習慣の見直しと、適度な運動をして、健康的なダイエットを成功させてください。

おすすめの社食サービス一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ一覧はこちら

イメージ
会社名オフィスプレミアムフローズンオフィスでごはんパンフォーユーオフィスOFFICE DE YASAIオフィスおかん
おすすめポイント50万世帯が利用!安全で美味しいメニューが豊富無添加や国産食材にこだわったお惣菜30種類を毎月お届け焼き立てパンのパンをオフィスで!パン専門社食サービス新鮮なサラダやフルーツなど健康的な食事をオフィスで国内製造の安全で健康的なお惣菜が100円で食べられる
詳細ページ